ウィリアムヒルブックメーカーに関係してきそうですね

先日バレーボールVリーグのパイオニア・レッドウィングスの廃部が決まりました。
リーグ優勝の経験もあり、強豪チームの一角に必ず食い込んでいたパイオニアでしたが、
ここ何年かは低迷し、今年は入れ替え戦にも敗れとうとう廃部という寂しい結末となってしまいました。
ウィリアムヒルブックメーカーにも大きく関係してきあそうです
ウィリアムヒルブックメーカーってなんなの?
という初心者の方はまずここで勉強してきてください。
ウィリアムヒルブックメーカー詳細

よくある質問であるウィリアムヒルブックメーカーは違法なんじゃないんですか?
という考えもブックメーカーって違法じゃないの?で解消してくれています。

Vリーグに昇格したころ、元代表選手などを引っ張ってきてチーム強化していたパイオニア。
吉原、多治見、斎藤、内田、佐々木など名選手が多く、彼女たちの活躍もあり、
強豪チームへとのし上がりました。が、一方で、若手育成がうまくいってない印象も
否めなかったですね。

若手を起用するも、その試合でイマイチだと次の試合からは
起用されないというのもよく目にしました。
少々我慢してでも使わないと育たないんじゃないのかなあ
と思いながら見ていたけど、案の定。

ベテランたちが一気に抜けてからのパイオニアは苦戦続き。
若手が主体のサマーリーグや国体では、まずまずの成績でもリーグとなると機能しなくなるという状況。
ウィリアムヒルブックメーカーで日本がさらに期待されなくなってしまいます。

もう少し若手育成に力を入れてればなあと、試合を見ながら何度も思いましたね。
日立のときもそうでしたが、強豪チームが廃部という形でなくなってしまうのは本当に寂しいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ